思い切って転職しちゃおう!

あらゆる雇用形態を体験したkogasanaが転職したい人向けの記事を書いていきます!



資格の勉強をするよりも転職活動をはじめよう!




こんにちは。kogasanaです。

 

今回は資格の勉強をするよりも転職活動をはじめようというお話をしたいと思います。

 

世間が不景気になると、ニュースなどで安定した仕事を得るために資格の勉強をしている人が増えるという話を聞きますよね。

 

しかし私は資格の勉強は無意味とまでは言いませんが、仕事に応募する際ににその資格を持っていないといけないものを除いて必要ないと思っています。

 

その理由をお話していきたいと思います。

 

1.資格を持っていれば絶対に転職できるわけではない

宅建や土地家屋調査士などその資格を持っていないと仕事ができない資格を除いて、資格の勉強を頑張った結果、その資格を取得しても必ず転職に成功するわけではありません。

国家資格を持っていたとしても就職できない可能性があります。

それよりも転職活動をすぐに始めて内定を取ったほうがいいです。

 

2.ライバルがどんどん増えている

最近は景気が良いとは言うものの転職が楽かといえば決してそうではありません。

そうなるとほとんどの人は資格取得でアドバンテージを取ろうとします。

でも結局、みんなが資格を取得しても求人全体の数が増えるわけではないので、ライバルがどんどん増えてしまいます。

 

3.資格の勉強には最低半年から1年以上かかる

実はこれが一番の問題です。

なぜかというと、転職は年齢が高くなるにつれて選択肢がどんどん狭くなっていきます。基本的には25歳、29歳、34歳、39歳が境目だと言われています。

もしあなたが現在28歳の場合、今すぐに転職活動を始めれば29歳以下を募集している求人に応募することができます。

しかし資格の取得に2年間かかってしまったとするとあなたは30歳になってしまいます。そうすると29歳以下を募集している求人には応募できなくなってしまいます。

つまり、資格の勉強に費やした時間だけ転職の可能性が狭くなってしまいます。

ここはぜひ注意していただきたいところです。

 

入社してからでも資格取得はできる!

もしあなたが何らかの資格を取得したいのであれば、まずは転職を成功させてから資格取得の勉強を始めましょう。そうすることでより有利な仕事に就くことができます。

もし入社の際に取得が必須な資格があったとしても、まずは入社後の取得ではダメなのかということを問い合わせてみましょう。

何もアクションを起こさず、勝手に諦めてしまうのは一番もったいないです。

今すぐに行動を起こしましょう!