思い切って転職しちゃおう!

あらゆる雇用形態を体験したkogasanaが転職したい人向けの記事を書いていきます!



専業主婦はもったいない!なにか仕事をやろう!




こんにちは。kogasanaです。

 

昨日の記事で、ご主人の給料に不満を持っている奥さんのほとんどが言うであろうセリフをネタにして独身の立場で記事を書いてみました。

 

妻「なんであなたの稼ぎはこんなに少ないの!?」 - いつになったら転職するの!?

 

f:id:kogasana:20181220184816j:plain

 

中には共働きのご夫婦もいらっしゃいますが、ご主人の給料だけで生活をされている方(つまり専業主婦の方)はご主人の収入に不満を持つ方が多いのではないでしょうか。

 

1人だけの収入で生計を立てているので、共働きの家庭に比べてどうしても収入は減ってしまいます。もちろんご主人のお仕事にもよりますけどね。

 

私の母も伯母も70歳過ぎまでずっと仕事をしてきました。

 

さらに私の伯母は自営業をやっていて、日曜日も仕事をしていたので、私は女性も仕事をするのが当たり前という認識で育ってきました。

今考えてみても専業主婦はすごくもったいないと思います。

 

専業主婦のデメリット

私が考える専業主婦のデメリットをお話していきたいと思います。

※小学校入学前のお子さんがいらっしゃる方は専業主婦でも問題ないと思います。

やっぱり子供の立場で考えるとお母さんがそばに居てくれたほうがうれしいですからね!

 

今回は、お子さんがいらっしゃらない方、または小学校以上のお子さんがいらっしゃる方にぜひ読んでもらいたいと思います。

 

①自分でお金を稼げない

これが一番のデメリットでしょう。ご主人の収入が不安定になった場合、家計が一気に厳しくなります。今の世の中は大企業でも経営が不安定な時代です。

ご主人に何かあったときの為に奥さんも仕事をしておいたほうが絶対にいいです。

 

②日常がつまらなくなる

私の身の回りには専業主婦の方がほとんどいないのであまり詳しいことはわからないですが、毎日家事だけをして過ごすというのはつまらないのではないでしょうか。

※病気などで療養中の場合は1日も早く社会復帰するために休養に専念して下さい。

 

③生活が自堕落になりやすい

もしお子さんがいらっしゃらない家庭の場合、ご主人が会社勤めをされている場合、奥さんは日中暇になります。

もちろん家事などで忙しいとは思いますが、どうしても生活が自堕落になりがちです。

私も2ヶ月間ニート生活をしたことがありますが、昼夜逆転でかなり生活が不安定になってしまいました。

 

なにか仕事をやろう!

 

もし専業主婦で少しでも仕事をする時間がある方は、短時間のパートや単発バイトでもいいのでぜひ仕事をやってみて下さい。家にずっといるよりも世界が広くなりますよ!

 

最近はインターネットを使って自分で仕事をすることも可能になっています。

 

例えば、ブログやyoutube、イラストなどのスキルを売るココナラなどのサービスで稼ぐという方法もあります。

 

もしあなたが働きに出るのがツラいという場合でも、パソコン1つあれば自分で仕事を生み出すことができます。

 

もちろんすぐに稼げるわけではありません。

 

3年間はほとんど収入がありませんが、ブログなどは過去に書いた記事が検索でずっと読まれていきます。

 

youtubeも顔出しをしなくてもOKです。音声と画像だけの動画を作ったり、最近流行りのVtuber(バーチャルユーチューバー)になってみてもいいかもしれません。

 

写真が趣味の方は自分が撮った写真をストックフォトで売るという方法もあります。

 

あなたにもきっと出来る仕事があるはずです。

今からでも遅くないのであなたにしかできない仕事にチャレンジしてみましょう!