思い切って転職しちゃおう!

あらゆる雇用形態を体験したkogasanaが転職したい人向けの記事を書いていきます!




【社畜体験談2】不得意なことでも本気でやれば出来る!

こんにちは。kogasanaです。

 

今回は自分が不得意だと思っていることでも本気で取り組めば出来るようになったというお話です。

 

※原則として、あなたが得意とする分野で仕事をすることを強くおすすめします。不得意な仕事をすることはあなたにとっても会社にとってもマイナスでしかありません。

 

手先が不器用な私に課せられたミッション

私がとある会社で働き始めたとき、私に課せられた仕事があります。

それは・・・「部品の分解」です。

 

実は私は手先が器用な方ではなく、中学校の技術の授業で習う工具などがあまりうまく使いこなせませんでした。そんな私に部品の分解をやれという会社。

 

最初は失敗ばかりだったけど

不得意なことをやるわけですから当然最初は失敗が多かったです。

分解途中に部品を落としてしまったことも何回かありました。しかし先輩が厳しながらも真剣に教えてくれたので、私も必死になって覚えました。

毎日残業でつらい日々でしたが、少しずつ理解してきました。

 

1ヶ月半後にはできるようになった!

入社してから1ヶ月半くらい経ったころ、ついに一人で分解作業が出来るようになりました!ときには終電間際まで残業したこともありましたが、その努力が実ったわけです。

 

先輩にも喜んでもらえて私も本当に嬉しかったです!

 

この会社で分かったことは、自分が不得意なことでも本気になって取り組めば成功するということです。

 

そして・・・自分が得意なことを本気に取り組んだらもっといい結果が残せますよね!

 

この記事で言いたいことは「あなたの得意な分野を仕事にしよう!」ということです。

 

不得意な仕事をいくら頑張っても得意な仕事以上にパフィーマンスを上げることは不可能です。もし今の仕事が不得意だと思うのであれば転職を考えましょう。

 

そして・・・このお話にはまだ続きがあるのです。

 

1週間後、その先輩は会社を辞めてしまいました。新しい会社に転職が決まっていたそうです。そして一通り仕事が出来るようになった私。

 

その結果どうなったと思いますか?

 

続きは次回の社畜体験談の記事でご紹介したいと思います。